恋の永続魔法

好きなことを好きなだけ。ますだくん。にかいどうくん。

とあるジャニオタが三年前に獣医学生になっていた話。

少し前に、ジャニオタ受験ブログをよく見かけ、私も流行りにのっかりエントリーしたいと思いさっそく、はてブのアプリを開いたものの、「受験??三年前に終わったわ」と1度アプリを閉じました。

少し時間が経ちましたが、大学受験経験者として三年前の記憶を掘り起こして書き残してみようと思います。

 

今、私は、無事、大学現役合格を果たして、獣医学部に所属している。獣医になりたいという夢は確か小学生の頃からの夢だった。ただ、漠然と「動物が好き。医療っておもしろいな」ぐらいの浅い意識で小学生からスタートして、特段知識が深まることもなく大学受験までそのまま夢だけを持ってやってきてしまった。

そんな私の大学受験勉強を主にスタートしたのは高校2年生の夏だったと思う。部活は夏の合宿や大会で終わらせ、9月からはじまる2学期には文化祭が控えてはいるものの、文化祭の準備は学校の授業時間にちゃんとやって、あとの放課後にやる準備などは、ほどほどにして、密かに軽くではあるが受験勉強をはじめていた。

高2の夏~高3春までは、とにかく基礎的なことを固めていた。しかし、とにかく飽き性なのと暗記が苦手で、単語帳を覚えたりするのが億劫でとにかく苦手な英語から逃げていた。

ここで、私の好きな教科嫌いな教科の話でもしておこう。好きな教科は数学・化学。嫌いな教科は英語・国語。参考程度に3年前の私の学力を示しておくと、本試のセンターの点数の自己採が数学175/200点、化学100/100点、英語140/200点、国語(現文のみ)60/100点ぐらいだったと誤差はあると思うが記憶している。今見てもひどすぎて、センター利用は使えなかったような学力なので獣医学部目指してる学生がいたらあてにしないでください。

得意な教科は化学。苦手な教科は英語。と、好きなものに得意なものが含まれ、嫌いなものに苦手なものが含まれる。と、最悪の状況だった。苦手でも嫌いだから全くやる気が起きないし、やりごたえや、手応えも感じられない。この考えは結局、受験最後まで引っ張ってしまったから、最後の最後まで英語は苦手だった。これから受験を控える学生にはなんとか、苦手でも好きになる工夫をしてほしい。好きであれば勉強をやる意欲が湧いて、絶対のびるから。

これを読んでくれている人はきっとジャニオタだから、担当と関連付けてなんとか苦手でも手をつけない教科をなくしてほしい。今の私なら、「中島健人くんが英語の発音いいから発音完璧にしよう!全ての単語で愛の囁き例文をつくって単語はおろか、簡単な例文だって覚えてしまおう!」って、なれたんじゃないかと、終わったことだからだが言える。

ここでお気づきかもしれないが、私は完全なる理系だ。文系の学生には特に参考にならないかもしれない。理系も然り。文系、理系問わず、時間が無駄だと感じたらすぐに引き返してほしい。受験期間は本当に時間が大切。時間の使い方は自分次第!

 

ここで、この記事を書くにあたって重要なポイント。

ジャニオタであること。

私は当時はまだ、NEWSのますだくん一筋の一途な女だった。そして、バイト禁止の学生には、CDがリリースされても1枚買えればいいぐらいの金銭的にライトなオタクにならざるを得ない状況だった。余談だが、高校の友達にはオタクだと公言していたので、高2の10月のあの悪夢の速報は未だに忘れられない。ずっと魂が抜けたような生活をしていた。発表された夜はテスト2日前だった。私は人生ではじめてテスト勉強が手につかなくなった。NEWSのせいにはしたくない。絶対にしたくないけど、テスト勉強が手付かずになってしまったのは事実で、それだけが本当に悔しい。

 

ところで、現場主義オタクはやはり多いと思う。私も今では現場主義オタクで、現在、テスト期間であろうと意地でも飛んでいく私を知っている人はびっくりすると思うが、高2の夏、受験勉強を始めた時、高2~受験終了までオタ活を休止すると決めたのだ。

1人っ子ゆえに、プライドが高く公言したことは有言実行しなければいけない私はあの年に行われたライブを蹴った。

2013年だ。

・NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY

・NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome

信じられないかもしれないが、10周年ライブを私は蹴った。今考えたら1日ぐらい行ってもよかったではないかと思う。プライドなんて捨てて行けばよかった。って思う。

でも、あの時、何がそうさせたのか分からないが、行かないという決断をした。きっと、受験を後悔したくなかったんだろう。 

現役合格したから10thに行けばよかったなんて思う。けど、こればっかりはもし、浪人していたら違う答えがでていたかもしれない。タラレバ言っても仕方ないのが現実だ。

こんな風にプライドと意地で初期の頃は頑張っていたけど、唯一見てもいいと思って見たカウコンで、私は、受験終了間近にキスマイに落ちてるから全て禁じるのは危険かもしれない。適度に摂取して自制できればいちばんいい。だが、そのコントロールが難しいところだ。

ただ、自分で考えて自分で決めたことを信じて進めば、後悔することはないと思う。だから、受験生の皆は周りの受験生オタクの状況を見て判断するのではなく、自分で考えて自分にあったスタンスで受験を頑張って欲しい。それぞれの要領の違い、キャパの違い、オタクとしての気持ちの向け方。それぞれ違うから模索しながら勉強して、受験を後悔しないでほしい。

情報を遮断するのは恐ろしく楽しくない日々の連続だけど、とにかく集中はできるから私はしていた。ただ、特にNEWS担はリリース情報だけは入れておいた方がいい。FCから来るメールだけは要チェックだ。初回の在庫がとにかく少ないNEWSは予約必須の情報だけは手に入れておいて損はしないと思う。

 

さて、もう終わりそうな雰囲気を出しているが、参考までに私の受験直前の1番しんどい時の1日のタイムスケジュールをざっと書いておこう。

8:00 起床

8:00~9:00 朝食・身支度

9:00~21:30 自習室(昼食の時間は気分)

22:00 夕食

22:30 風呂

23:00~2:00 自宅での勉強

2:00 就寝

圧倒的夜型の私はこんなサイクルで、寝ても起きても赤本と問題集。英語やるのが嫌で逃げ道は好きな化学。って生活でした。

今考えると休憩時間考慮しても1日14時間は勉強してたのこわい。もう今は絶対むり。受験失敗したら、浪人してもう1年!とかそんな根性は私にはないって分かっていたから、現役で志望学部に受かるために1年間だけ!ってガムシャラにやりました。

って、普段ちょけるおバカキャラで貫いてるからこんな話をしたこと誰にもなかったけど、誰かの参考や役に立ててればいいかなと話してみました。

春から高3の受験生はセンターまでの日数のカウントダウン始めてるかな。何か不安なことがあったり辛くなっても、オタクの友達は学校の友達みたいにライバルではないから妬んだりしないし、励ましてくれると思うから溜め込まないようにしてください!そして、体調だけは気をつけてください!

私は、頑張りすぎと気合い入りすぎて、本命大学の受験当日、40度超の熱で受験して落ちて、結局、第四志望に入学することになったから、直前は特に気をつけてください。笑

 

貴重な時間を割いてくれてありがとうございます。

みんなの未来に幸あれ!